無口な父からの急な遺産相続

私の父親はいつも無口で何を考えているのかよく分かりません。そんな父の元を離れ嫁と8ヶ月になる息子と離れた所で生活をしていました。大阪で相続手続きは父は昔からお金に縁がなく、会社で頑張って働いてもなにかにつけてお金がなくなっており、言わば典型的なお金に縁がない人だと私は思っていました。両親の元を離れ家族3人で生活をしていたある日突然父から電話がかかってきて、数年前に他界した父方の両親の遺産の話を急に聞かされました。父方の両親は持ち家や土地などを持っていて、祖父と祖母の遺産を私と姉に相続してもらう、と急に言われたのです。私も姉も急にそんなことを言われても管理など分からないことだらけですし、まずそんなにバタバタしてられないと説明すると、なんと父が土地や家をすべて売り払っていました。私達兄弟でバタバタさせないために、父が相続しすべてを売り払い現金にして私達兄弟の前に持ってきたのです。さすがに驚いた私たちは相続するまで少し悩みましたが、祖父と祖母の形見のつもりで相続することにしました。