親から相続した広い一軒家は快適

大切な親が私のために遺産としてのこしてくれたものは一戸建ての住宅です。私は独立して実家から離れたところに住んでいました。そのため、大阪付近で相続手続きならでは親の家を不動産会社に売却して現金に替えようと思っていました。しかし、親が生活していた家を売却することに疑問が湧いたので所有することにしました。全国的に空き家が多くなっていて社会問題になっていることを私は知っていました。私の知り合いの中には、親から相続した家に住まずに空き家として放置している人がいます。急に離れたところにある家を相続することになるとメンテナンスが大変です。自分でたまに掃除に行くだけでも時間や手間が非常にかかってしまいます。普通に問題なく人が住める家を空き家にしてしまうことは非常にもったいないと思います。そのため、住んでいた家を引き払って親から相続した一軒家に引っ越すことに決めました。親が住んでいた一軒家は古いけど広いので非常に快適に生活できています。