姉妹の遺産相続トラブルは妹嫌いの父から始まった

実際の母の家系で起きた相続問題です。
私の祖父は、叔母にあたる人物を過去のさまざまな出来事から嫌っていました。大阪で相続手続きではそのことから年齢的に遺産相続を考えたとき、何とかして姉妹である姉、つまり私の母だけに遺産が渡る手段を考えていたようです。
しかし、母はすでに夫である私の父の苗字となっています。すでに旧姓である祖父とは実質的に解離しているため遺産を相続するには別途で相続税がかかります。
相続税だけでもそれなりの金額になるのですが、その証明となる書類の発行だけでも10万円かかるとのことでした。
つまり現実的に考えたとき、祖父が亡くなった場合、我が子である姉妹に公平に分けるのがベストなのです。
そうなれば遺産の分割というだけでとくに割り引かれることなく遺産相続が実現できるからです。
それからというもの、遺産相続の話を母は叔母に持ちかけるのですがトラブルに発展しました。
人間性そのものから相容れないといった父(祖父)の気持ちに同情し、結局は高い費用をかけてでも遺産相続を片側だけにする手続きを完了させました。