うまくいく親の資産相続

資産家ならともかく親の資産が預貯金だけなら、神戸での税理士事務所ではと知っておけば、親に万一のことがあっても特に問題はないでしょう。しかし最近は株式や金、土地、マンションなど現金ではない形で資産をもっておられる親もたくさんおられます。そういった場合親が元気なうちにどこに何をどれくらい保管してあるのか、きちんと把握しておくことが大切です。特に親が亡くなって兄弟姉妹で遺産相続の問題が持ちあがった場合、誰に何を譲るのかきちんと親が責任をもって遺書なり遺言なりの法的効力のある形で残してある場合は、遺産相続の争いもなくきちんと親の資産は受け継がれていくはずです。ただ最近問題となっているのは、相続時に土地や建物にほとんんど価値がなくなってしまっていて、相続するとかえって高額な相続税がかかり、売却するにも買い手がつかないため子供達が相続を拒否する人が多くなっているという事実です。そういう負の遺産は持ち主がみつからず、どのように処理すればよいのか国として大きな問題となっているのが現状です。親の資産は、親が元気なうちにできるだけ親孝行をし、うまく資産相続をできるように努力しましょう。